尾張地区商工会議所女性会 会長・事務局連絡会議

例年であれば年に二度開催し、

持ち回りで瀬戸、小牧、犬山、江南、津島、一宮、稲沢

それぞれホストとなり、各地区に集り、会食兼ねて情報交換をしますが

今回はオンラインでの開催でした。

 

活動報告では、各単会、コロナ禍で思うように活動できず、

次年度事業の活動について模索していたり、

会員間の士気の上げ方や、会員の増強、若手の育成等、互いの悩みについて話し合いました。

 

各単会の取り組みや工夫を共有することで、

刺激を受け、相互で高め合いました。

「コロナに負けない!私たちの現状と取り組み」について       オンラインディスカッションを開催しました

 コロナ禍で、経済を取り巻く環境が大変厳しい中、

状況に応じた経営対策が求められています。

 

1人で悩んでいても煮詰まってしまう…という事で、

総務委員会が企画し1月18日(月)

「コロナに負けない!私たちの現状と取り組み」として、

オンラインソフトZOOMを利用しディスカッションを行いました。

 

自社で展開しているコロナ感染対策や、

事業・経費の見直し、新たに取り入れた事業や

今後の展望などを会員間で共有し分かち合う中で、

困難な時期を共に乗り越え、市内商工業の発展のため、

今こそ女性経営者がモチベーションを上げ、

ポジティブにコロナ禍を突き進んでいかなくてはいけないという

士気が上がり、有意義な時間となりました。

 

感染予防の為、会議や委員会が開催できず、

会員同士が顔を合わせる機会が減りましたが、

今後もオンラインを活用することで

会員間の結束を深めていきます。

オンラインセミナーを開催しました

コロナ禍ということで、感染リスクを減らして参加できる事業として、12月1日(火)

初めてのオンラインセミナーを開催しました。

 

講師は、稲沢市民病院の管理栄養士、

岡田美加様。

第3波が押し寄せる大変お忙しい時にでは

ありましたが、「感染症に負けない、免疫力向上」をテーマに病院からオンラインでお話頂きました。

 

女性会会員も、各会社等から参加し、感染症に負けない強い会社作りの為、

熱心に聞き入っていました。

 

市内感染者が増加する中で、社内でクラスターを発生させないため、従業員の感染予防、

体調管理をすることも、経営者として必要になります。

 

規則正しい生活、適度な運動、バランスの良い食事で、

感染症に打ち勝つ体づくりを行っていくことの必要性を

再認識しました。

 

また、初のオンラインセミナーでしたが、スムーズに

進行できたことで、今後の女性会活動の可能性が広がりました。

倉敷総会にオンラインで参加しました

10月23日(金)

全国商工会議所女性会連合会の倉敷総会が開催されました。

今年はコロナウイルス感染防止の為、オンラインでの開催となり、当所女性会員も

自宅や職場等から各自でアクセスし参加しました。

 

過去に例がない所からの企画、運営で、

今年のホスト、倉敷商工会議所の皆様、

日本商工会議所女性会担当の方々の開催に至るまでの並々ならぬ努力と、諦めない気持ち、アイディアに、頭が下がりました。

 

全国の同志の皆さんにお会いできないのは、

大変残念ですが、全国で頑張る女性経営者が、

オンラインで繋り、お互いに刺激を受け、

結束を深めました。

 

コロナ禍でも、視野を広げ、違う角度から構築することで、今できる範囲で出来る事があります。